本ップ
Matsusaka Alpine Club

松阪山岳会は、日本山岳協会加盟・三重県山岳連盟所属の団体です。

登山の豆知識information

2015.2.4更新
会員のみならず、一般登山愛好家も含めた安全登山を啓蒙するページです。

山のこと あれこれ

▲安全注意事項
湿った登山道では「ヒル」の被害に注意しましょう。
平成24年6月3日の滋賀県の霊仙山のことです。他のパーティで女性が下山後靴下を脱ごうとして、初めて足首の下を吸われていたのに気付く事案がありました。靴下の上部から侵入してアキレス腱両側の皮膚の柔らかい部位まで下がったものですが、行動間は全く気付かなかったそうです。「昼下がりの情事」ならぬ「ヒル下がりの悪夢」という映画のタイトルのような珍事でした。皆さんも気を付けましょう。


安全登山への道−自立した登山者をめざして



登山計画書・届出の必要性

登山をする場合は、登山計画書を提出しましょう。
登山計画書は、計画書を提出した登山者を捜索する手がかりになるだけではなく、入山者から、目撃情報などの捜索に有効な情報を得るための助けになります。また、計画書を作成するとき登山計画を見直す機会にもなり、遭難を防止する役目も果たします。
登山の楽しみは、計画段階から始まっています。目的の山、ルート・行動時程、装備・食料、緊急連絡先などを計画することで自信と余裕ある行動が可能となり、危険箇所を事前に把握することもできます。そして、万が一の遭難時には自分や仲間の生命を守ってくれる第三者への頼みの綱(救助情報)になるのです。


登山計画書書式(1)(縦型)  (PDFソフトは最新バージョンでご覧下さい)

事務局

松阪山岳会FMC事務局
長井 一三
TEL:0598-23-3177